尿漏れ治療で安心お出かけ~泌尿器で根本から解決~

先生

尿失禁の治療

悩み

尿失禁を治療するメリット

尿失禁や尿漏れは、高齢になるほど多くなる症状である。人は加齢によって尿の通り道の尿道の位置が変化して、膀胱の周辺の筋肉が衰えてくる。女性の尿道は男性よりも短いため、尿失禁や尿漏れの症状になる人は、男性よりも女性の方が多い。尿失禁や尿漏れをそのままにしておくと、外出ができなくなるなど、日常生活にも支障が出る。尿失禁や尿漏れは泌尿器科の病院で治療することができる。泌尿器科では、過活動膀胱などのあらゆる排尿機能の障害の診察が受けられ、保険診療で治療できる。泌尿器科の病院で排尿機能の障害を治療することによって尿漏れの心配がなくなる。高齢者を介護していて、高齢者の尿トラブルに悩んでいる人は、一度泌尿器科を受診することをお勧めする。

尿失禁の治療の今後の動向

日本では尿失禁や尿漏れで悩んでいる人が増えている。年齢が高くなるほど排尿機能の障害が起こりやすくなるため、高齢化が進んでいる日本では、尿失禁や尿漏れになる人は今後も増えると予測される。尿失禁や尿漏れの症状が悪化すると、排尿することが困難になり、大人用のおむつをつけることが必要になる。多くの人はおむつに頼らずに排尿をしたいと考えているので、泌尿器科の病院を受診する人は増えると考えられる。尿失禁の治療法は、骨盤底筋体操や薬物療法、電気刺激療法などがある。軽い尿漏れの症状は、骨盤底筋体操をすることによって改善することが多い。骨盤底筋体操で尿漏れが治る人の割合は8割から9割に達しており、今後も骨盤底筋体操をする人は増えることが予想される。

症状の改善

悩み

現在女性に多く見られる問題として尿漏れ問題があります。この問題が起きるのには原因があります。それは下半身の筋肉がなくなっているからです。そのため、この尿漏れ問題は筋肉をつけることで解決となります。

View Detail

病院での尿トラブルの対処

女性

医療機関での尿漏れ治療としては、薬物療法が一般的です。薬物療法では尿道や膀胱の筋肉をコントロールし、体内での尿の蓄積を可能にします。薬物療法には幾つかの副作用もありますが、事前に副作用の特徴を把握しておく事で過剰な不安を撤廃する事ができます。

View Detail

女性の尿トラブル

女の人

泌尿器系の疾患は、年齢が高くなればなるほど発症率が高まります。女性の方が平均寿命が長いため、今後は泌尿器科を受診する女性の数が増えるだろうと予想されています。新宿には、女性が受診しやすいように女性泌尿器科を設けているクリニックや、女性専門の泌尿器科クリニックがあります。

View Detail